2013年10月05日

外山啓介ピアノ・リサイタル2013

イケメン新進ピアニスト外山啓介ピアノ・リサイタル2013を楽しんできました。
最近めきめきと力をつけてきた楽しみなピアニストです!

keisuke toyama.jpg

最近リリースされたCD「展覧会の絵」はレコード芸術特選盤にも選ばれました。
会場は半沢直樹超えの!?女子率80%でした。
前半はバッハ、シューマン、ラヴェル、美しい旋律と難曲の組み合わせ。
後半はオールショパン、3大ワルツと英雄ポロネーズ、そして大曲「葬送」
観客の大半が女性なのでブラボーがなかなかかからない、アンコールでバリトンのブラボーがかかりました(私です(;^_^A アセアセ・・・)
メリハリの効いた演奏の中にも情感がたっぷりで、アンコールの締めくくりに「展覧会の絵」をもってくるあたり自信とサービス精神も旺盛でした♪

PA051391(1).JPG

10/5 ザ・シンフォニーホール 14:00 開演
J.Sバッハ:シャコンヌ
シューマン:「献呈」
シューベルト:「アヴェ・マリア」
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:ラ・ヴァルス
〜休憩〜
ショパン:ワルツ第6番「小犬のワルツ」
     :ワルツ第7番
     :ワルツ第8番
ショパン:ポロネーズ第6番「英雄」
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番「葬送」
〜アンコール〜
ブラームス:間奏曲作品117-1
ムソルグスキー:「展覧会の絵」よりキエフの大門

posted by こやまっち at 23:22| ニューヨーク 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。