2014年08月03日

ニュウニュウ(牛牛)ジャパンツアー2014

うわっ、久々の更新です(;^_^A アセアセ・・・
中国の17歳の天才ピアニスト、ニュウニュウ(牛牛)のリサイタルへ行ってきました。
長身でほんと礼儀正しい高校生という感じですが二年前見たよりもずっと大人の雰囲気です(あたりまえか)
ショパンのノクターンで始まり、優しいタッチの音色が心地よくオープニングにはぴったりでしたね。ベートーベンのワルトシュタインは一転して切れ味鋭い演奏♪
後半はメンデルスゾーンの「無言歌集」そしていよいよメインの「展覧会の絵」
情緒的というより、非常にシャープでストイックなタッチ、バーバ・ヤーガの小屋〜エンディングのキエフの大門はドラマチックで見事でした(*^_^*)
終演は2年前同様にバリトンのブラボーの声が響きました(私です)
アンコールはラ・カンパネラ、ワルツ、超絶技巧練習曲でこれでもかと技の粋を見せつけて、観客は超絶ならぬ悶絶で終演となりました♪
また、来年が楽しみですね!!

会場 ザ・シンフォニーホール
ショパン:夜想曲 第7番 嬰ハ短調 op.27-1
     :夜想曲 第8番 変二長調 op.27-2
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調
          「ワルトシュタイン」op.53
〜休憩〜
メンデルスゾーン:「無言歌集」より
          第1番「甘い思い出」op.19b-1
          第30番「春の歌」op.62-6
          第34番「紡ぎ歌」op.67-4
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
〜アンコール〜
リスト:ラ・カンパネラ
ショパン:ワルツ第7番
リスト:超絶技巧練習曲10番

P8031814(1).JPG
posted by こやまっち at 21:59| ニューヨーク ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。