2010年03月07日

有馬温泉日帰り 〜かんぽの宿有馬〜

インフルエンザにかかって以来どうも体調が悪いです。
花粉症の影響か頭が重くてすっきりしない。ふらふら
たしか去年もこんな展開で腰痛になったんだっけ。

気分転換に温泉でもと思い有馬まで足を伸ばしました。
ただ有馬で温泉利用のみできる施設は少ないんです。
有馬温泉は関西でも敷居が高く、泊まりだとそれこそ3〜5万は
かかります。
なので関西人は金持ちでもない限りは会社の慰安旅行で利用する
ことがほとんどだと思います。
家族で泊まるには爺婆等のスポンサーがいります(笑)
日帰り温泉利用はたいがいランチセットで最低でも5000円以上です。
温泉のみの利用は老舗旅館は受け付けません。

公共の温泉で金泉、銀泉がありますが、人が多くて湯が汚れているし
芋の子を洗う状態でいわゆる温泉の醍醐味であるのんびり、ゆったりとはいかないのである。

そこで唯一温泉利用でき、施設もしっかりしている

「かんぽの宿 有馬」へ行ってきました。
http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/arima/
去年、日本郵政で問題になった施設です。

公共施設に準じるので価格もリーズナブルです。

温泉利用 平日 700円 休日 1,000円

広い駐車場を完備しているのも◎です。
有馬は路が狭くて旅館、ホテルの駐車場もキャパがなく
駐車場に苦労するからです。

IMG_0629.jpg

IMG_0631.jpg

家からは車で40分ぐらいです。
ハニーを仕事場までアッシー君してから向かいました。
芦有道路が便利なんですが有料で高いので、西宮北道路から迂回しました。

ここは有馬の温泉街からは少し離れています。
きれいな施設です、でもやはり人が多い。
ここは泊まりでも安いのです。
温泉は時間帯によっては混むと聞いていましたが昼前だったので
空いていました。決定

浴室は10人ほ入れる金泉と小さなジャグジー風の銀泉があります。
露天がないのが残念です。

温泉は有馬特有の赤褐色の湯、いわゆる金泉ですいい気分(温泉)
無色透明な湯は銀泉です。
源泉名を「愛宕山泉」と言い、泉質は「含鉄ーナトリウムー塩化物強塩(高温)泉」。
口に含むと非常に強い塩味がする。
96℃と非常に熱い高温泉のため、加水して掛け流しにしている。
なかなか温まる湯です。

1399_s2_1.jpg

シャンプー、ボディーソープ類は数多く揃えてあります。
かなり高価な炭系や馬油のものを使っており満足できます。
風呂上りの化粧水、乳液もいいものを惜しみなく使っています。
関西では充実度ナンバーワンでしょうね。
さすがは有馬、いや日本郵政!?というところか。

ポカポカになったところで帰途へ、復路は有馬街道を宝塚へ
抜けて帰りました。ぴかぴか(新しい)

気分転換できたし、明日からがんばろうと思うグッド(上向き矢印)




posted by こやまっち at 17:42| ニューヨーク ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。(^^♪

有名な温泉ともなるとやはり高額、安いと混雑・・・

でも、今回の「かんぽの宿 有馬」はなかなか
いいところではありませんか。

含鉄ーナトリウムーの赤褐色の湯は
効きそうですね〜(^^♪

リフレッシュできましたね。
明日からガンバレますね。v(^∀^*)
Posted by クリントン at 2010年03月07日 18:27
>クリントンさん
こんばんは!
有馬となるとさすがに関西人でも容易くは行けません。
行くからには大枚は覚悟して行きます。
そういうところなんですよ、有馬温泉は。。

いい温泉を見つけました。
今回は利用しませんでしたが1,500円のランチバイキングも人気のようです。
風呂上りに行くと満席でした。

この湯は有名でして、いかにも効いた感があります。
明日からがんばりまーーす☆
Posted by こやまっち at 2010年03月07日 18:45
そうか、有馬にはかんぽの宿がありましたか!!
知りませんでしたわ。
芦屋→ロックガーデン→六甲山→有馬に降りたときに、金泉・銀泉に入らなくては思っていましたが、いい湯があったんですね。

お気に入りの有馬グランドホテルは、ちと私の小遣いでは入れませんので、かんぽの宿がいいですね。

こやまっちさん、尾瀬の足慣らしに六甲山に登り、かんぽの宿で温泉に入りましょうね!!
Posted by マーサー at 2010年03月07日 19:12
>マーサーさん
温泉街とはちょっと離れた場所にあります。
金泉は場所柄いっつも満員ですわ。
銀泉はみんな有馬にきたら金泉ということもあり空いています。
ハイカーの方はよく知っていて、かんぽの宿の湯に入るらしいです。

有馬グランドホテル9階のあの風呂は絶品ですね☆
ちょっと自分のお金では無理です。

>尾瀬の足慣らしに・・・
ええですなぁ!
尾瀬を歩けるように体型を整えないと(笑)
Posted by こやまっち at 2010年03月07日 20:02
有馬にも簡保の宿があるんですね。
一度はいってみたい有馬温泉♪
でも、普通の宿とかは、やっぱりかなり高いんですね。。
日帰りで入れるところがあったら尚いいのに。
私もいつか行きたい・・
有馬といったら、私の場合、スカイマークに行っちゃいますから。。。
いつになったら行けることやら。

体調の方は、どうですか。
リフレッシュしてまた明日から1週間乗り切っていきましょう。
Posted by ようこ at 2010年03月07日 20:55
>ようこ
有馬では比較的リーズナブルな宿です。
お風呂もなかなか評判ですので有馬へおこしの際はチェックしてください。
でもおすすめは有馬グランドホテルですが・・・
有名旅館はほとんど立ち寄り湯はさせてもらえません。

スカイマークでオリックス戦観戦ツアーの際は有馬へお立ち寄りください、ちょっと高いけど・・・

有馬温泉は関西人が草津温泉に行きたいと思うのと同じなんでしょうね。

はい、一週間がんばりましょう!!
Posted by こやまっち at 2010年03月07日 22:02
こやまっちどの、お久しぶりです。
かんぽの宿は1・2回しか行ったことはないのですが、登山の帰りの温泉と
大広間での一服は至福の一時でした。
幸か不幸か3・4月は仕事が少ないので、六甲&有馬温泉といきたいのですが、
ワタシも花粉が……。鼻がズルズルで……。
Posted by 野球好きオヤジ at 2010年03月07日 22:39
>有馬グランドホテル9階のあの風呂は絶品ですね☆

いつかは、ご一緒に入りに行きましょう。
軍資金が必要ですから、退職金を貰ったときには有馬グランドホテルの行けそうですわ(汗)
冬は寒いですから、暖かい季節に行きましょう。
Posted by マーサー at 2010年03月07日 23:12
>野球好きオヤジさん
まいどです!
かんぽの湯、私ははじめてでした。
夕刻は六甲登山のハイカーが多いらしいです。
有馬に行くと銀泉は目もくれずに金泉に入りますよね。

次回行くときは声をかけますので一緒に行きましょう!
六甲颪も歌わんとね♪

花粉症、たまりませんな。。
Posted by こやまっち at 2010年03月07日 23:47
>マーサーさん
あの露天風呂から下界!?を眺めると優越感に浸れますね。
ぜひぜひ、行きましょう!
えーっと、定年はマーサーさんのほうがちと早いから
おごりということで(笑)
Posted by こやまっち at 2010年03月07日 23:49
かんぽの宿でもとにかく
「有馬温泉に行ってきた」
と言えるではないですか〜♪
お湯はなかなかいいうえに
備え付けの諸々も上質とあれば
満足感いっぱいですよね。

その後体調はいかがですか?
温泉効果あるといいなぁ。
Posted by ifg妹 at 2010年03月09日 10:48
>ifg妹
ほんとうは有馬の名旅館の風呂に浸かりたいですが・・・
かんぽの宿でも金泉は金泉だし、泉質もすばらしいです☆
シャンプーや化粧品類は上質でびっくりしました。
街の天然温泉にいくと泡の立たない?シャンプーもあるし(笑)

おかげで体はぽかぽかで月曜は調子がよかったです。
でも今日の寒さでまた戻ったか?
有馬温泉も今日は銀世界になりました。
Posted by こやまっち at 2010年03月09日 20:56
こんばんは。

こやまっちさん、いい所にお住まいですね〜。
それを調べて利用されたのは、なかなかです。
奥さまはいつもご主人が気づかいしてくださるんで
感謝されていることと思いますよ〜。

ご自身の体調は少しは良くなりましたか?
早目に予防線をはって大事にしておくのはいいですね。
Posted by 香菜 at 2010年03月10日 21:01
>香菜さん
おはようございます!

天下の名湯には比較的近いところに住んでいますが
有馬は敷居が高い場所です。
以前義理父さんが元気な頃は一度だけ老舗旅館へ行きました。
http://koyamachi.seesaa.net/article/20742086.html

花粉症もあって体調はいいとは言えませんが、無理せずと思っております。
Posted by こやまっち at 2010年03月13日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。