2010年07月18日

宇宙ショーへようこそ

三連休の中日、体調を考えると遠出は出来ないため
映画を見に行きました。

「宇宙ショーへようこそ」
http://www.uchushow.net/

この映画もヒットまでは行かないので、今週あたりからは
入れ替えの対象になっているようです。
阪神地区では神戸HATシネマで上映中です。
チケット売り場は混雑で家族連れが多かったですが、大半は
トイストーリー3やアンパンマン、ポケモンがお目当てか?
客席は子供がおらず大人が15人ほどでした(笑)

アニメです、コナン、北斗の拳をのぞけば久々に見るアニメです。

336088view001.jpg

(ストーリー)

村川村は、都会から遠く離れた自然囲まれた土地。
夏休みの子供だけの合宿のために小学校に集まった夏紀達5人は、
行方不明となったウサギを探すために裏山に踏み入れるのだが…。

(予告編)



映像がとてもきれいです。
純真な子供心に戻れます☆
主人公は「小山夏樹」
私に夏樹という娘がいたら主人公です(謎)
宇宙へ行ってからは展開が激しくなります。
136分とちょっと長いかな。
設定は面白いので90分ぐらいにコンパクトならばもっと良かったと思います。

エンディングはスーザン・ボイルの「Who I was born to be」です♪
スーザンのために書き下ろされたすばらしいバラードです。
アルバム「夢やぶれて」に収録されています。



この映画のテーマは

「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」

そして

「勇気」

「自分の人生の中ではあなたがヒーロー!!」

そう感じたのでありました☆


posted by こやまっち at 22:51| ニューヨーク ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。(^^♪

アニメですか!
私が映画でアニメを見たのは
「猫の恩返し」から久しく見ていません。(^^ゞ

宇宙ものの映画なら面白そうですね。
>136分とちょっと長いかな。
確かに少し長いかもしれないですね・・・
私もコンパクトな方が好きです。

で、エンディングはスーザン・ボイルですか!
聞きましたよ、いいバラードですね〜
映画はエンディングの曲も重要で、心に残る映画は
エンディングの曲で決まるような気がします。(^^♪


Posted by クリントン at 2010年07月18日 23:08

エンディング、あのスーザンさんですか。
いやいや素敵な歌声で、バラード、いいですねぇ〜〜☆
あれから、彼女にはいろいろお仕事が舞い込んできているのかなーと
余計な事を思ったり…

どこ行っても連休中は混んでいますし
映画館、いいかもぉ〜〜!!
私の中日は前日のマリン観戦で夜遅くなり
超〜〜グダグダな一日に・・・
今日は、やることやって後は、グダグダ?になりそうな〜〜
最近、暴走し過ぎているのでたまにはグダグダな日もいいですよね。
Posted by ようこ at 2010年07月19日 05:53
>クリントンさん
はい、アニメです。
子供とコナンシリーズはけっこう観ました。
あ、エヴァンゲリオンも観たな(笑)
「猫の恩返し」はジブリですね。

宇宙好きのクリントン氏なら面白いかもです。
ちょっと長いんですよね。
あれもこれも詰め込んだ感じです。

実はこのCD持ってまして、エンディングで聞きたかったのもきっかけなんです。
連合艦隊の「群青」や男たちの大和の「CLOSE YOUR EYES」もジーンときました。
Posted by こやまっち at 2010年07月19日 06:54
>ようこ
このバラード素敵です♪
歌詞がまたいいんですよね。
泣くような映画でないんですが、エンディングで涙腺の弱い私はまた泣いてしまった(笑)
このアルバムいいですよ。

夏本番でどこも混んでいますね。
おー、千葉マリンまで!!
ライオンズ好調ですね、きのうはさすがに残念だったけど。
トラも再び首位奪取のチャンスです☆
Posted by こやまっち at 2010年07月19日 06:59
う〜ん、いい雰囲気ですね♪>エンディング曲
いちど通して聞いた後に
イヤホンを使って歌詞も聞きなおしました。
(スーザンさんのアルバム、買ってなくて…)
あなたらしくあるためにあなたは生まれてきた、って感じでしょうか?
映像も、懐かしい気持ちになります。
わさび田とか木造校舎の陰影とか、すごーく夏休み!ですね。
Posted by ifg妹 at 2010年07月19日 07:40
>ifg妹
暑いですね。。
この曲が聞きたくてCD&映画となりました。
NHKBSでライブの模様をやってたんです。
輸入版はかなり安くなっているのでいいと思います。

NHKの字幕では

子供のころは 木々の間を流れる風が見えたし
そよ風の中に 歌が聞こえたわ 
私の名前を呼ぶ 歌があったのよ

子供じゃなくなってからは
挫折の味を 知ってしまった
全てが再び 巡ってくることを
ようやく信じられるほど 大人になったの

そして 私には
答えがわからないかもしれないけど
私は自由だと やっと言える

もしも その問いが
私をここまで導いたのなら
私は 生きるべき生き方をしている

作画はとてもきれいでしたよ☆
Posted by こやまっち at 2010年07月19日 14:12
子どもが胸を震わす映画のようですね。

エンディングの曲も映画の観賞後の気持ちを
きれいに収めてくれそうでいいですね。

映画館で、2時間を超えるのは苦手ですが
韓流時代劇DVDは50時間以上のものも
けっこう見ていますが、時間が短くては
伝えるものも充分伝わらないかもしれませんね。
Posted by 香菜 at 2010年07月19日 20:50
>香菜さん
物語の設定が面白いので大人でも十分楽しめました。
子供にはむずかしいかもしれません。
映像がとてもきれいです。
136分はちょっと長いですね。

韓流は長編ドラマが多いですね。
うちのもはまってるので毎日録画して見てますよ(笑)
アイリスも吹き替えはだめで、字幕がいいそうです。
Posted by こやまっち at 2010年07月19日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。