2011年12月31日

感動の第九 大植英次&大阪フィル 2011

年も押し迫った12月30日、恒例の第九コンサートへ行ってきました。
4年連続です、去年は佐渡裕&センチュリーで聴きました。
今年もブログ友のマーサーさんとご一緒しました、こちらも4年連続です。
公演前はいつものように喫茶でオフ会、おっさんトーク炸裂です(笑)

会場はザ・シンフォニーホール!!
19:00 KICK OFF、あ、開演です。on時計

20111230.jpg

PC300249(1).JPG

今回の第九はいろんな意味で注目されています。
大阪フィルでの第九公演が今日の演奏がなんと700回目の演奏、もちろん日本一です。
昨日が朝比奈隆マエストロ没後10年、そして大植英次監督のファイナルになる第九です。
今日はテレビ朝日の取材が入っていました、昨日は第九演奏がFMで生中継と。
いやがおうでもシンフォニーホールは熱気に包まれます。
また、ソリストには大植監督が自ら呼び寄せた世界の歌劇場で活躍する4人の名歌手が来日!
しかも、二日間のチケットは完売し、椅子席まで用意されていました。

指揮:大植英次
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
ソプラノ:スザンネ・ベルンハート
ア ル ト:カロリン・マズア
テノール:トーマス・クーリー
バリトン:アンドレアス・バウアー
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団、大阪音楽大学合唱団
合唱指揮:本山秀毅

<プログラム>
ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調「合唱付」作品125


当日にサプライズがありまして、第九の前にバッハの「G線上のアリア」が追加されました゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!

J.Sバッハ「G線上のアリア」
篠笛:福原友裕


オーケストラは小編成で篠笛奏者福原氏が和服で登場し、美しいメロディを奏でました。

いよいよメインの第九!!
第一楽章から大植監督の鬼気迫る迫力のある演奏でした、いつもにもまして全身駆使して
指揮される姿は自身のファイナル演奏にかける意気込みが伝わってきました。
最後まで体力がもつかなとこちらが心配するほどでした。

楽器の配置もティンパニーが右奥、木管が左奥、中央の最後列はコントラバスという
大植監督オリジナルの配置でした。

第3楽章は私が「楽園」と勝手に名付けているほど、美しい旋律♪
期待の高まる第4楽章への布石でもあります。

第4楽章の前に合唱団とソリストが入場します。

そして第4楽章が始まりました!!

歓喜の詩が高らかにホールに響きます♪

「Freude, schöner Götterfunken,Tochter aus Elysium,」

おなじみの大合唱の場面で大植監督は両手を指揮台の後ろの支えに置かれました。

第4楽章はしっかりと間を取ったメリハリのある演奏でした。
そして圧巻のクライマックス、終曲へ☆
指揮者、オーケストラ、合唱団、ソリスト、観客が一体化する瞬間です。
怒涛のエンディングでした。

私もブラボーと叫んでいました!!
ついにブラボー屋デビューです(笑)
それぐらい感動した物凄い演奏です。

拍手と歓声は鳴り止まず・・・・
カーテンコールで大植監督は一枚の写真を譜面台に置かれ手を合わされました。
朝比奈隆氏の写真でした。

PC300251(1).JPG
        バルコニー席は死角があってちょっと観辛い

合唱団の最後の一人がが退場するまで拍手は続き、大植監督も見送られていました。
最後は舞台の前で握手攻めになられていました。
監督として第九を振るのもこれが最後だから万感の思いだったと察します。

しかし、今まで最高の第九が聴けたと満足です!!

ご一緒したマーサーさんありがとうございました。
posted by こやまっち at 00:18| ニューヨーク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感動のレポートありがとうございます!
ブラボーデビューしちゃうほど熱いステージだったのですね。
この演目が、大阪フィルがどれだけ人々から愛されているか伝わってきました。
朝比奈隆さんの写真のくだりでは思わずウルッとしましたよ。
威厳があって美しい指揮姿、好きだったなぁ…

バルコニーからはこんなふうに見えたのですね。
携帯の小さな画面からではありますが、サントリーホールでの私の席よりずっと良く見えるような。
↑アリーナ?前方席、最前列の楽団員さんと指揮者しか見えず

今年も第九は実家ホールの予定です(訳:父は紅白、私は厚型テレビでN響)
Posted by ifg妹 at 2011年12月31日 04:40

さすが、こやまっちさん、詳しいレポだわぁ。
今年の締めくくりを第九で今年も過ごせたのは最高でしたね。
好きなもので終えるって一番☆ですものね。
ブラボー屋デビューもしちゃってみたいだし、
これからは怖いものなしですね(笑)
こんな場所に行くときって、
今更聞くのもなんなんですが、こやまっさんも正装なんですか?

おっさんトーク炸裂、どんな会話になったのか気になる―(笑)
私のおばちゃんトークが加われば更にパワーアップ!?
でも、大阪のおばちゃんにはかないませんぞ。
普段は、ワタクシおとなしいので…ウヒヒ!!
Posted by こころ at 2011年12月31日 07:16
おはようございます。(^^♪

素晴らしいレポートです。
こやまっちさんの感動が私にも十分伝わって
来ました。

そしてバルコニー席から見えるザ・シンフォニーホール!!
素晴らしいホールですね(^^)/

ブラボー屋デビューだったんですか?
もう何回も経験済みかと思ってました。

で、そのおっさんトークの仲間に入りたかった(^^)
私はボケ役でいいです。(笑)

いい年末でしたね。
良いお年を!!
Posted by クリントン at 2011年12月31日 07:52
>ifg妹さん
おはようございます!
いよいよ大晦日になりましたね。

熱気ムンムンの圧巻な第九でした。
朝比奈先生もようやりよるわいと微笑まれてたかと思います。

楽器の位置が斬新だったので音の聞こえ方がいつもと違いました。
第4楽章の冒頭、弦楽器が第一楽章のモチーフを再現し、このような調べではないと否定するところが、中央から背骨のように聞こえて、はじめてこの編成の意図がわかりました。

バルコニーからは舞台の左半分が見えませんでしたε-(o´_`o)ハァ・・
サントリーホールもそうだったんですか?
あまり前だと指揮者とコンマスは良く見えますが、木管、金管が見えませんよね。

富山は雪ですかね?
N響の第九楽しんでね♪

良いお年をお迎えください☆
Posted by こやまっち at 2011年12月31日 09:39
>こころさん
おはようございます!
すごい演奏でした、やっぱり生演奏はええわぁ♪
まだ余韻が残っています。
こころさんのケミライブ後の気持がわかりますウンウン(゚▽゚*(。_。*)

ケミのコンサートでもみんな叫ばれるのでしょうか?
さすがにブラボーはないのでしょうけど。
クラシックは必ず「ブラボー」なんですよね。

あ、格好はラフなスタイルですよ、ジーンズですしね。
NYで数回行った時は、昼間だらしない服装にみえるアメリカ人でも夜はタキシード風&ドレスでビシっと決めていたのを思い出します。
TPOの使い分けがはっきりしていましたね。

おっさんトークにご参加くださいますか(笑)
そういえば大阪のおばちゃん!?

では、よいお年をねー☆
Posted by こやまっち at 2011年12月31日 09:47
>クリントンさん
おはようございます!
今年の最後にすばらしい第九を聴くことができました。
最後のプレストからのコーダは迫力満点でした、大植さんも完全燃焼の指揮振りでした。

ザ・シンフォニーホールはクラシック専用なので音響は抜群です。
どこから聴いても舞台は見やすいですし、すばらしいです。

クリントン氏とは仙台でたっぷりおっさんトークさせていただきましたね(笑)
趣味が同じなので果てしなくですね゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!

今年は杜の都でおもてなしをしていただき感謝しています。
良いお年をお迎えください!!
Posted by こやまっち at 2011年12月31日 09:54
こやまっちさん、昨日はありがとうございました。
大植さんの指揮は見事でした。
2年ほど前にコンサートの途中で倒れられてことがありましたので、心配でしたが無事に終わってよかったです。
譜面台に置いてあったのは、朝比奈さんの写真でしたか。
私の席からは、まったく分かりませんでした。
朝比奈さんを尊敬されていたのですね。

バリトンの張りがあってよく透る声には、驚かされました。
さすが大植さんが、呼び寄せただけありましたね。
第4楽章の途中から出てきたピッコロおじさんの演奏も秀逸でしたね。

来年もコンサートにご一緒させて下さいね。
よい年をお迎え下さい。
Posted by マーサー at 2011年12月31日 15:55
>マーサーさん
年が明けてしまいました。
新年おめでとうございます。

大植監督渾身の指揮でしたね。
すばらしい第九だったと思います。
朝比奈隆さん没後10年なので、その意味を込められたのだと思います。
あまりにも偉大なマエストロでしたね。

ソリストがしっかりしているので聴き応えがありました、合唱団のレベルも高かったです。

来年は大阪フェスティバルホールのこけら落しですし、またご一緒しましょう!

今年もよろしくお願いします!!
Posted by こやまっち at 2012年01月01日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。