2012年08月06日

三大交響曲の夕べ 小林研一郎&大阪フィル

夏の風物詩となった「三大交響曲の夕べ」へ今年も行ってきました。
いつものごとくマーサーさんとご一緒です、今回は息子さんも参戦されてましたイイネ♪d('∀'o)
高校野球、ダメ虎、アメフト、第九の打ち合わせと話題は尽きません。

P8060017(1).JPG

P8050452(1).JPG

日時 2012年8月5日(日) 17:00 開演 16:00 開場
[指揮]小林研一郎
[管弦楽]大阪フィルハーモニー交響楽団
会場 ザ・シンフォニーホール
プログラム
シューベルト:交響曲 第7番 ロ短調 「未完成」 D.759
ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 「運命」 op.67
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 「新世界より」 op.95
〜アンコール〜
ダニーボーイ


いつもながら人気の高いコンサートでチケットは完売で満員御礼でした。
座席はオーケストラの真後ろのクワイア席でコバケンさんのパフォーマンスを堪能するには最高のポジションです。
音響的にはどうかなということもありますが、臨場感満点でした♪

P8050453(1)(1).JPG

一曲目の未完成はこのコンサートでしかなかなか聴けない演目です。
心が落ちつく美しい旋律です♪
運命、新世界はコバケン&大フィルの大熱演でシンフォニーホールを埋め尽くした
観衆からやんやの拍手喝さいでした☆
小林先生は72歳とは思えないパワフルなまさに炎のタクト!!
一方でほんとうに礼儀正しく、丁寧、紳士なおマエストロです。

アンコールの前にこのコンサートを以て45年の大阪フィル生活にピリオドを打つ2ndヴァイオリンの塩田良正さんにマエストロとお孫さんから花束が贈呈されました。
また、コバケンさんから挨拶があり、来年のこのいコンサートは新生フェスティバルホールで演奏される
ことが発表されました。
楽しみではありますが、この音響のいいシンフォニーホールも捨てがたいな。

アンコールのダニーボーイは心に沁みる名曲です♪
また、来年です☆

posted by こやまっち at 23:09| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。(^^)

いい一時を過ごされてきましたね。
うらやましい(*^_^*)
指揮者の表情を見ながらの鑑賞も
素晴らしいものがあると思います。

会場周辺の緑もステキですね。
この木はたぶん落葉松(カラマツ)でしょうか。。。
確信は持てませんので間違っていたらごめんなさい。

Posted by クリントン at 2012年08月07日 07:11
こやまっちさん、日曜日はありがとうございました。
オフ会は楽しくお話しできましたし、コバケンさんと大フィルの演奏も堪能できました。

来年からはフェスティバルホールに戻っての演奏会ですね。
コバケンさんも言われていましたが、来年も元気にフェスティバルホールでの演奏会に、お会いしましょうね。
Posted by マーサー at 2012年08月07日 21:57
>クリントンさん
ありがとうございます!
一番暑い時期のコンサートです。
ちょうどTV中継を見てるようなアングルです、音響的にはちょっと金管や打楽器が強すぎます(^^)

この並木何なんでしょうね、ケヤキって書いてあるサイトもあって、でも、仙台で見たのとちょっと違うような!?
でも、都会の中で雰囲気があります♪
Posted by こやまっち at 2012年08月08日 00:16
>マーサーさん
こちらこそ日曜日はありがとうございました。
親子でクラシック鑑賞、うらやましかったです♪
息子さん、楽しまれましたかね。

来年は新会場で楽しみですね、私もコバケンさんも元気であることを祈ります(笑)

Posted by こやまっち at 2012年08月08日 10:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。