2013年11月16日

ベルリンフィルハーモニー西宮公演

ベルリンフィル西宮公演行ってきましたぁ♪
ここ数日体調が優れず心配だったけど、大丈夫でした。
ノタシオンもすごかったけど、ブルックナー交響曲第7番は圧巻、感動!!
2時間の間、異次元のサウンドを満喫できました、金管が凄いですが、伝統の重厚で繊細な弦楽器の響きにも酔いしれる。
ホルンの名手・ドール、フルートの貴公子パユ様の音色もしっかり聞けたし、フォルテッシモの時はそれこそこの名手たちが全力で奏でるのでもう鳥肌状態♪
ラストはなぜか涙で溢れてしまいました。
今日の観客はさすがにクラシック通で終演時、指揮者のラトル氏が指揮棒を下に収めるまで5秒はありましたがフライングのブラボー、拍手はなし。
その後私が今まで聞いたことのない大歓声、拍手に包まれました。
団員が全員退場しても拍手は鳴り止まず、ラトル氏がひとりで出てこられて観客は総立ち、ブラボーの嵐になりました。
最後はご愛嬌たっぷりにお辞儀されました。

兵庫県立芸術文化センター大ホール 14:00開演
指揮:サイモン・ラトル
コンサートマスター:ダニエル・シュトラバ
管弦楽:ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
(プログラム)
ブーレーズ:ノタシオン(TZ WVU)
〜休憩〜
ブルックナー交響曲第7番ホ長調(ハース版)


PB161568(1).JPG

PB161571(1).JPG

PB161573(1).JPG
posted by こやまっち at 20:39| ニューヨーク ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい時間だったのですね!
迫力があるのに完璧にコントロールされている、あの響き。わたしも早く聴きたい。
でも、まだ楽しみに待っていたい、終わってほしくないという気持ちもあり…^^;
Posted by ifg妹 at 2013年11月16日 22:12
ifg妹さん
いやぁ、プライスレスの感動でしたね♪
>迫力があるのに完璧にコントロールされている
そう、それなんですよね、一糸乱れないです。
フィナーレでは終わるな〜と心で叫び、目に焼き付けようと心のHDへシャッターを切っていました(笑)
ラトル様は5メートル、パユ様は10メートルでした☆
Posted by こやまっち at 2013年11月16日 23:35
ベルリンフィル、いいな、いいな!
演奏される音が違うんでしょうね。
世界最高のフィルですからね。

心のHDは、宝ものですね!!

私は昨日、仲道さんのリサイタルに行ってました。
前からほぼ中央2列目で、かぶりつき状態でしたわ(笑)
Posted by マーサー at 2013年11月17日 07:42
ステージ近くてうらやましいです…
諭吉先生に大集合してもらったのに、バルコニー席しか取れなかったので(>_<)いえ、音を聴くんだからいいんですけど(イジイジ)
それに、一昨年の、ステージ近すぎて楽団員さん達が見えない(除・大進さん)というのもツラかった^^;
Posted by ifg妹 at 2013年11月17日 07:56
マーサーさん
名手が揃ってる、楽器が違う!?いろいろあるけど、艶やかな弦の響は違いますね、異次元です、CDどころではありません。
生きてる間にもう一度行きたい(笑)
仲道さん!!
神戸学院ですね、ショパンバラード全曲のすばらしいプログラム、堪能できましたね♪
あとは第九ですね、ご一緒に今年を締めくくりましょう!!
Posted by こやまっち at 2013年11月17日 08:07
ifg妹
あまり遠い席も辛いですが、近すぎるのも贅沢な悩みですね。
10列目当たりがベストポジションだと最近あらためてそう思います。
来週楽しみですね♪
Posted by こやまっち at 2013年11月17日 08:10
すみません、業務連絡です。

確か2月に大阪かどこかで、ベートーベンのピアノ協奏曲「皇帝」の演奏があったと思いましたが、いつ、どこで行われるのでしたっけ?
Posted by マーサー at 2013年11月17日 11:15
マーサーさん
2月15日(土)
山田和樹&金子三勇士 大阪フィルであります。皇帝と英雄です。
http://asahi.co.jp/symphony/event/detail.php?id=2062

辻井伸行2/2もありますがさすがに売り切れです。
Posted by こやまっち at 2013年11月17日 19:59
はじめまして
同公演行きました!!

>今日の観客はさすがにクラシック通で終演時、指揮者のラトル氏が指揮棒を下に収めるまで5秒はありましたがフライングのブラボー、拍手はなし。

いつもこれが裏切られ、残響楽しみたいのにがっくり・・・が多かったのでほんとうに良かったです。

ブルックナー交響曲第7番は音色といい音量の幅広さといい、まさに圧巻のサウンドでしたね!!

1楽章チェロの旋律1音目から涙が出てしまいました。
ゆったりと深く艶っぽくてなめらかな・・・
少し遅いかな、が絶妙な効果をもたらしてました

2楽章が特に好きなんですが、1楽章泣かされっぱなしでした。

期待の2楽章は冒頭からチューバ、ワーグナーチューバの立ち上がりが気になった箇所が(..)
パンフレットにハース版と明記されているのに、さらっとシンバル。
いろんな意味で意表をつかれました

しかしさすがにラストは、もうなんだか涙が出てきました

総じて弦楽器の繊細緻密さと美しさに感動しました。
ヴァイオリン9プルトであのピアニッシモはもう神の域としか言えません

パユの生音も鳥肌でした!!!

金銭的に無理やりでしたが、聴くことができてほんとうに幸せでした。

樫本大進も聴きたかったです・・・
Posted by Yukino at 2013年11月18日 22:11
Yukinoさん
はじめまして、コメントいただきありがとうございます。
ラストでラトル氏がタクトを降ろすまでの静寂がなんともいえない余韻に浸れましたね♪
これがベルリンフィルのブルックナー7番という感激が凝縮された瞬間でした。
第一楽章ゆったりとはじまりましたがしっとり聞かせていただきました。
私も第二楽章が大好きで今でも就寝時にかけながら寝ています、1分で気を失ってますが(笑)
たしかにS席4枚という高額チケットでしたが、今回はみなさん大満足ではなかったでしょうか。
私は高校生の時、大阪フェスでカラヤン、ブラームス1番を聴いて以来でした。
機会あればもう一度聴きたいですね♪
Posted by こやまっち at 2013年11月18日 23:11
ありがとうございます!

>私も第二楽章が大好きで今でも就寝時にかけながら寝ています、1分で気を失ってますが(笑)

まったく同感です。
私も就寝時にかけるので、秘かに2楽章一瞬危なかったです(-_-;)1秒1音でもモッタイナイ

中央通路周辺前寄りの中央という奇跡の座席で、近すぎるかとも思えましたが
圧倒的な感動の渦にのまれどおしでした。

今日から貯金してでも、また聴きたいですね♪
Posted by Yukino at 2013年11月19日 22:58
Yukinoさん
中央通路付近だと絶好の位置ですね、私は4列目中央で音響的には前過ぎましたが、ラトル様の表情が楽しめましたよ♪

昨日は天皇陛下ご夫妻が楽しまれましたね。
今日は私の友人が同じプログラムを楽しまれてまして、先ほど感涙の報告がありました。
ベルリンフィルはやっぱり一番ですね☆

今年は来月の大阪フィルの第九で締めくくる予定です♪
Posted by こやまっち at 2013年11月19日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。