2014年03月12日

衣笠の古寺の詫助椿の・・・ 

嵐山本線・北野線は、嵐電(らんでん)と呼ばれ親しまれており、2007年3月からそれが 公式愛称となっていて風情のある鉄道です。
嵐山から帷子ノ辻(かたびらのつじ)で乗り換えて等持院へ。
さだまさし「春告鳥」を辿る旅も終演です。
お寺の庭に歌詞どおりの詫助椿を発見!!
等持院にある有楽椿は、別名・太郎冠者(たろうかじゃ)とよばれる種類の侘助椿で、その色合いが高貴なものとされ、江戸時代の初めからお茶席では重宝されたそうです。

衣笠の古寺の侘助椿(わびすけ)の  たおやかに散りぬるも陽に映えて
そのひとの前髪僅かにかすめながら  水面へと身を投げる
鏡のまどろみのくだかれて  錦の帯の魚のふためいて
同心円に拡がる紅のまわりで  さんざめくわたしの心


わかりやすく約すと・・・
恋を失った女性が、衣笠の古寺に独り訪れて、侘助椿のそばにたたずんでいたら、前髪をかすめて椿の花が落ちていった。まるで花が身を投げたように。鏡のような水面が波打ち、錦鯉がふためき同心円に拡がって行く・・・

なんと素晴らしい言い回し、表現でしょう、あらためてさだまさしの詞の奥深さを知った、そんな古都京都の旅でした。

P3080231(2).jpg

P3080232(2).jpg

P3080234(2).jpg

P3080250(2).jpg

P3080249(1)(1).JPG

P3080239(2).jpg





※アクセス・・・京福電鉄北野線等持院下車徒歩10分 立命館大学衣笠キャンパス裏手
写真はすべてOM-D E-M1 M.Zuiko12-40oF2.8Pro
posted by こやまっち at 00:14| ニューヨーク ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嵐電に乗られたんですね。
えらい小ぎれいな電車になってますね。

30数年前にデートで乗ったときは、扇風機が回っていて風情がありました。

等持院のお庭は、きれいですね。
古都は心が落ち着きますね。
Posted by マーサー at 2014年03月16日 22:05
マーサーさん
嵐電の車両はきれいになりましたね、昔は京福電車で独特の風情がありましたね。
北野線は帷子ノ辻からお寺の名前が駅名で京都らしいですね。
等持院は隠れた穴場でして訪れる人も少なくて静けさを求めるにはぴったりです。
Posted by こやまっち at 2014年03月16日 23:14
大学4年間を京都で過ごしたにもかかわらず嵐電は乗った事が有りません。当時はマイカー通学OKだったので専らバイトで貯めたお金+親援助金で買ったスカイライン(ケンメリ2000GT)で通学していました。当時は古都京都の良さ等解らず走り回っていましたが、この歳になってやっと魅力の一端が解る様になったと思います。今度機会を見つけて私も久し振りに訪れてみようと思います。
Posted by yasu4183 at 2014年04月04日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391200533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。