2007年09月06日

パバロッティさん逝く

世界的なオペラ歌手のルチアーノ・パバロッティさんが
亡くなった、71歳だった。
三大テノールとして知られ、大将格でしたね。

pabarotthy.jpg

私もオペラはあまり聞かないですが、パバロッティさんのオペラ
プッチーニ「トゥーランドット」からのアリア
誰も寝てはならぬ」だけはしびれるほど好きです♪

記憶に新しいところではトリノ冬季オリンピックの開会式で70歳にして
この曲を見事に歌い上げたのは感動以外なにものでもありませんでした。

トリノオリンピックでの「誰も寝てはならぬ」→こちら

三大テノール ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴと競演した
圧巻の「誰も寝てはならぬ」は→こちら

そしてこの曲はクラシカルクロスオーバーの定番にもなっています。
ラッセル・ワトソン、フィリッパ・ジョルダーノ、サラ・ブライトマンが歌っています。

奇しくも来週ラッセル・ワトソンのコンサートへ行きます。
ラッセルはどんな思いでこの歌を歌うのだろう。

今宵はしばしパバロッティさんの美声に酔いしれることにします☆
posted by こやまっち at 23:13| ニューヨーク ☀| Comment(8) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さみしいですねぇ。
「誰も寝てはならぬ」と歌いかけられたから
寝ないで観戦し続けたトリノオリンピックが
貴重な思い出になってしまいました。
私もパバロッティさんの美声にひたろうと思ったのですが
好きだと思っていたのに手持ちの音源が一曲しかありません…
TVやラジオで耳にしても「!」と思わせてくれる声だったということですよね。
クラシックのみならずいろんなジャンルの音楽家から
愛され目標にされた人でしたよね。
ブライアン・メイのHPにも追悼文が出ていました。

第一報をありがとうございました。
Posted by ifg妹 at 2007年09月07日 06:31
私はこの手のジャンルはかなり疎いのですが、
この方のお名前は知っています。
そして認識はしていなかったけど、
たびたびそのお声を耳にしていたようです。
パワフルでステキな声でしたね。

ご冥福をお祈りします。
Posted by ナオ at 2007年09月07日 09:00
昨日ニュースが世界中を駆け巡っていましたね。
ご冥福をお祈りしたいと思います。
Posted by クリントン at 2007年09月07日 11:29
私も、オペラは、全くわからないのですが、
その年齢で歌い上げていたのは、素晴らしいですね。
現役そのものですものね。
惜しい人が、亡くなられていくのも寂しいですね。
Posted by ようこ at 2007年09月07日 23:21
>ifg妹
悪いとは聞いていましたが、まさかこんなに早く
という感じでびっくりしました。
トリノ五輪のパフォーマンスは素晴らしく今でも
目に焼きついています。
私も誰も寝てはならぬはカレーラスしか持ってません。
You Tubeで探すと画像付でたくさんあったので
アップさせていただきました。

愛嬌があってみんなから愛されていましたね。
ブライアンもですか☆
Posted by こやまっち at 2007年09月08日 06:53
>ナオ
オペラを知らない方でもパバロッティだけは
見ればわかりますね。
音楽とは無縁のハニーでも知っておりました(笑)

愛嬌があって人間味がありますね。
歌もはっきりとした発音で素晴らしいです☆
Posted by こやまっち at 2007年09月08日 22:32
>クリントンさん
ほんと訃報が全世界を駆け巡っていましたね。
日本でもファンクラブがあるほど人気者でした。
惜しいなぁ・・・
Posted by こやまっち at 2007年09月08日 22:34
>ようこ
トリノ五輪では70歳とは思えない、声の艶、声量で世界をあっと言わせました。
引退を表明してからはサヨナラツアーで世界を
回られていたようです。
日本ではチケット取れないでしょうね。
ほんと残念です。
Posted by こやまっち at 2007年09月08日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ビゼー:歌劇「カルメン」
Excerpt: 舞台装置・オケの出来栄えは勿論のこと、群集の一人一人までもが実に生き生きと演じており、上質の仕上がりとなっているが、ビゼーの味わいというか軽やかなラテンの香りが無く、ドイツオペラ的違和感を禁じ得ない。..
Weblog: オペラ歌手の日
Tracked: 2007-10-05 10:24

イマージュ
Excerpt:  このアルバムはそのほとんどがTVやCM、映画のテーマ曲集で、決して新しい企画ものとは言えないだろう。それにも係わらず、これだけの支持があり、シリーズ化するほどヒットした背景には、やはり楽曲のクオリテ..
Weblog: オペラ歌手の厳選紹介
Tracked: 2008-01-31 19:19

ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲
Excerpt: ルキノ・ヴィスコンティ演出、カルロ・マリア・ジュリーニ指揮で上演され、戦後のスカラ座における最高の舞台と謳われた、伝説の1955年の『椿姫』のライブ録音です。この舞台の様子は、写真集などからも豪華で迫..
Weblog: オペラ歌手をあげる
Tracked: 2008-02-03 23:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。