2007年11月05日

砥峰高原ハイキング

六甲山ホテルに着いてから、CPAPを忘れたのに気づく。
これがないと熟睡できないのである、また、いびきをかいてしまう。

案の定1時間〜2時間ごとに目が覚めてしまった。
いびきは私より相方の方が大きかったかもです(笑)

朝6時過ぎには起きて、夜明け前の地平線を眺めていた。
するとご来光が!!!
ハニーを起こそうと思ったが、気持ちよさそうに寝ていたから
そのままにしておいた。

rokko07.jpg

朝食は和洋折衷のバイキングである、こういうところにくると朝からよく食べられるものです。

八時半にホテルをチェックアウトして、今日の目的地の砥峰高原に
向かった。
播但道の神崎南出口から山奥へ30分走ると、ススキで有名な砥峰高原だ!
ちょっとススキは終わりかけでしたが、高原一面のススキは素晴らしいです。
一周4キロほどのハイキングコースを歩くことにしました。
爽やかな気候で気持ちよかったですが、けっこうアップダウンが
あってしんどいコースです。

tonom1.jpg
           ススキの中を歩いていきます!

tonom2.jpg
       展望台から高原を一望、対面から歩いてきたんです

hana5.jpg


rindo.jpg
              リンドウを見つけました☆

1時間強をかけて一周しました。
春にはススキを守るために山焼きがあるとか、次はその時に
訪れてみたいです。

午後からは名残惜しいけど帰路につくことに。
相方は夕方まで遊びたかったようですが、私が睡眠不足で
運転が限界なんで勘弁してもらいました(笑)

二年後はもう銀婚式ですね、早いものです。
その時は遠出を企画しないとですね☆

posted by こやまっち at 22:57| ニューヨーク ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小旅行と言ってもすごく壮大で豪華だと
思います。
美しいものや壮大なものは
何よりの宝物ですね。
色に感動しました。(π0π)
いい写真をありがとうございます。
行った気になっていい夢見ます。
Posted by ナオ at 2007年11月06日 00:41
こんにちは。(^^♪
まず綺麗な朝焼けの写真にウットリ。
早起きは三文の徳でしょうか。
でも睡眠不足は大変でしたね。

そこのススキの原はこの前TVで紹介されていましたよ。
ススキの穂であたり一面が白く輝いていることでしょう。
これと同じ光景に沖縄のキビ畑があります。
属は違いますが同じイネ科の植物です。
今頃の11月にキビの花(穂)が咲きます(^^♪
Posted by クリントン at 2007年11月06日 09:46
一面のススキの穂が見事ですね(^^)
私もカメラをもって歩いてみたいです。
春の山焼きは凄い迫力なんでしょうねー。

銀婚式の時は愛車&フェリーで北海道一周なんていかがですかぁ?
舞鶴から小樽へ向かい、帰りは苫小牧から名古屋とか、洋上でゆったり
バカンスというのも寛げると思いますし。
Posted by おいら at 2007年11月06日 09:50
いいですねぇ。
こやまっちさん&ハニー様の小旅行。
文章から思いやりが伝わってきます。
ススキ写真には愛を感じますよ〜
>夕方まで遊びたかった
おお、素敵!
Dと一緒じゃ遊びも2時間が限度のifg妹です。
↑別に嫌いなわけじゃないのよ〜
Posted by ifg妹 at 2007年11月06日 12:05
こやまっちさん、こんにちは。
結婚23周年でお二人で旅行とは羨ましいです。
奥さんを大事にされているのですね。

私は8日が結婚20周年なのですが、今日は少し早いですが家内が好きなケーキを買って、ささやかなパーティーをしたい考えています。

Posted by マーサー at 2007年11月06日 14:14
わぁ〜ご来光ですね。
素敵ですー!!
いびき、相方のこと、書いちゃって、大丈夫ですか。

ススキの中、歩いたり、リンドウも可愛いですね♪
一緒にこうして出掛けられるなんて、羨ましいですぅ。
いつまでも、奥様を大事に…してくださいね。
銀婚式の計画も考え中ですか。
そんな気持ちが一番、嬉しいですよね。
Posted by ようこ at 2007年11月06日 17:45
>ナオ
けっこう近場のコースでしたが振り返れば
なかなか素晴らしい旅行になりました。
季節感を満喫して、花や山、海、高原・・自然の美しさを再発見ですね。
写真はもうカメラまかせです(笑)
いい夢を提供できたとしたら光栄です☆
Posted by こやまっち at 2007年11月07日 00:40
>クリントンさん
朝焼けと御来光は撮りたいなと思っていました。
写真はサンセットのようになっちゃいましたね。
もう少し明るかったんですが、むずかしいです。

ここ紹介されていたんですね。
関西では砥峰と奈良の曽爾が有名です。
どちらも甲乙つけがたいぐらいに素晴らしいです。
キビの花ってあるんですね。
さすがはクリントン氏!
よくご存知ですね、花や草の名前がさっぱりなんです(笑)
Posted by こやまっち at 2007年11月07日 00:46
>おいらさん
ちょっと遅かったですがそれでも魅力的な
高原です。
おいらさんなら素敵な写真が撮れますよ!
山焼きは迫力がありそうです。
カメラマンがどっと押し寄せるそうです。

銀婚式はぜひ、ご紹介のコースを行ってみたいですね。
レンタカーでもいいから北海道は行ってみたいです。
フェリーだとのんびりバカンスが満喫できそうですね☆
Posted by こやまっち at 2007年11月07日 00:49
>ifg妹
ありがとうございます!
近場の小旅行のつもりがけっこう内容が濃い
旅になりました。
旅のテーマは「嫁に尽くす」でした!?
一年に一度の罪滅ぼしでございます。。

>夕方まで遊びたかった
帰りにもう一度六甲山経由で帰ろうと言い出すものだから・・・
さすがにラリー六甲二日目はリタイヤでした(笑)
遊びたい=帰りたくない だったと思います。
帰れば家事が待ってるわけで、一年に一度だから
羽を伸ばしたかったんだろうと思いました。
Dさんと遊んでやってくださいよ(笑)
Posted by こやまっち at 2007年11月07日 00:55
>マーサーさん
ありがとうございます!
マーサーさんところは20周年ですね!
おめでとうございます☆
私も相方と二人で外出を始めたのは20周年からでしたよ。
それまではケーキを買ったり、花を贈るだけでした。
来年あたり、ぜひ二人でお出かけください!
Posted by こやまっち at 2007年11月07日 00:58
>ようこ
山上に来たからには、御来光をカメラに収めたいと思っていました。
天気もよくて夜景、御来光ともに楽しめました。

いびき!?
はい、かいておられました(笑)
ここは彼女が見ることはないですから・・・

先に楽しみがあると嬉しいですよね。
計画している時が一番ですね。
Posted by こやまっち at 2007年11月07日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64767042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。