2010年07月25日

CPAP装着5年

週末は暑すぎて、家から一歩も出ませんでした。
今日は高校野球で母校(市尼崎)がベスト8をかけて、マーサーさんの母校(明石商)と対戦というめぐり合わせでした。
しかも母校は昨日三男の高校に勝ってベスト16進出というややこしい関係(笑)
どこを応援したらええのやら!?
元気ならば高砂球場まで応援に行くのですが・・・
さすがにこの暑さは心臓にあかんやろう。。

で、結果は大熱戦となったようですがマーサーさんの球場応援の甲斐あってマーサーさんの母校が2-1勝ってベスト8となりました。
こうなったら甲子園に向けてがんばってねぇ!

あ、本題ね、忘れてたあせあせ(飛び散る汗)

私は重度の睡眠時無呼吸症候群(SAS)なんですが
その緩和治療にCPAPを使っています。
CPAP装置よりチューブを経由して鼻につけたマスクに加圧された空気(陽圧の空気)を送り、その空気が舌根の周囲の軟部組織を拡張することで吸気時の気道狭窄を防ぐ方法。

IMG_0735.jpg

はじめはこんなものつけて絶対寝られへんわと思いましたが
今ではこれがないと眠れませんたらーっ(汗)
出張時も必ず持参します。
これをしないと夜中呼吸が一時的に止まって息苦しくて目が覚めるのです。
難点はうつぶせに眠れないこと、冬は部屋の冷気を吸い込むので
鼻が痛いんです。
あと、風邪をひいて鼻が詰まったときは最悪になります。
あくまで緩和治療なので根本治療ではないのです。
痩せてのど周りのお肉を軽減しないといけないんです。

もう5年か。。

この病気が心臓病の根源になっているから恐ろしいですあせあせ(飛び散る汗)

装置が新調されました!
コンパクトでかっこよく!?なりました。


posted by こやまっち at 20:18| ニューヨーク ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

CPAP装着2周年!?

去年のブログで一周年の記事を書いたと思ったら
もう2周年になってしまいました。
私は重度の睡眠時無呼吸症候群であるため、CPAPを毎晩装着して
寝ています。
これのお世話にならないためにはダウンサイジングなんですが
結局一年間で6キロ痩せました。
昨夏10キロ一気に痩せて、4キロ戻ってます。

今日CPAPの一年点検で機械がNEWになりました。
以前のと比べてかなりコンパクトで、機械は着実にダウンサイジング
したようです(笑)
マスクの形状がかなり変わったので慣れるまでは少し不安です。

cpap111.jpg

              従来のCPAP

DVC01023.jpg

              新型CPAP

さて、夏に向けてダウンサイジングですなぁ・・・・・
posted by こやまっち at 23:17| ニューヨーク 🌁| Comment(11) | TrackBack(1) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

CPAP装着 1周年!?

Happy Anniversary ではないですがCPAPを装着して1年になりました。
一年目の点検で院長先生のところへ持参しました。
一年の総使用時間は1845時間で一日平均5.1時間の使用でした。
ほぼ毎日装着していたことになりますね!
3年目は機械がさらになるらしいが・・・・
そのころはお世話になってないほうがいい。。右斜め上

はじめはこんなもんつけて寝れるんかいなぁ?と不安でした。
案の定初めの頃は苦しくて夜中に無意識にはずしてました。
送られてくる空気ははじめは低圧なんですが、20分のタイマーが
切れると設定値の高圧状態になります。
この状態で口が開いてると「ブォーー」とゴジラ状態になります(笑)
だから20分以内に寝るんです。。

cpap.jpg

CPAPは睡眠時無呼吸症候群の症状緩和にはなくてはならないものです。
間違ってはいけないのは決して根本治療ではないということ。
これをつけてるということは、完治していないということなんです。
要はダウンサイジングですふらふら
posted by こやまっち at 20:40| ニューヨーク ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

CPAP装着

前回の終夜睡眠ポリグラフ検査の結果、かなりひどい呼吸停止・低下が
認められたため、放置すると生存率が著しく低くなることから
CPAP療法(持続用圧呼吸療法)いわゆる鼻マスクから空気を送り
閉塞した上気道を拡げて無呼吸、イビキを解消します。
人によって送り込む空気の適正圧の設定が必要なんで、また検査入院と
なりました。
今回は大阪城が見える部屋でした☆

osaka.jpg

しかし、また体中にセンサーをつけた上に今回はマスクを装着するので
違和感を通り越して、ホラー映画に出ている気分になる(笑)
鼻から空気が送り込まれて、口は閉じなければならない、いわゆる鼻呼吸
っていうか口をあけると、ボボボボっと空気が出るんです(笑)
21時30分に消灯となりましたが、鼻呼吸で寝るのは意外と苦しい。
結局、1時間ごとに目が覚める始末、時計と睨めっこでした。
午前6時に起こされて(起きてましたが)検査は終了し、
私の適正圧を機械に設定して、機械をもらってきました。

cpap.jpg

今晩から装着ですが・・・・
どうも・・・・
ねぇ・・・
自信がおまへんにゃぁ。。。。たらーっ(汗)


posted by こやまっち at 21:46| ニューヨーク ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

重症だった・・・

睡眠時無呼吸症候群の終夜ポリグラフ検査の結果を聞きにいってきました。
今後の事もあるのでハニーも一緒に聞いてもらった。

結果は極めて重症がく〜(落胆した顔)

無呼吸が1時間に何回おこるかの指標「無呼吸/低呼吸指数」による重症度分類
○軽症 1時間あたり5〜15回の発生
○中等症 1時間あたり15〜30回の発生
○重症 1時間あたり30回以上の発生

上記に当てはめると私の場合、無呼吸、低呼吸合わせると指数は96回という
医師も仰天するような数値がはじき出されてました。ふらふら

睡眠にはレム睡眠、ノンレム睡眠とレベル1〜4の睡眠の質があって
浅い眠りと深い眠りを繰り返すわけですが、私の場合、呼吸が止まるため
レベル2で止まっており、睡眠中深い眠りには一度も達していないという
結果もわかりました。
要するに表面上は寝てるけど、体はほとんど正常な睡眠が取れてない
ということになります。

だから、朝起きたときに頭痛が有り、日中は強烈な睡魔にさらされている結果
となってます。
さらにこれは、無呼吸状態が続くことにより、血中に十分な酸素が供給できなくなり
血液がドロドロした状態を作り出すという、恐ろしいメカニズムに直結します。

具体的には正常者に比較して、

○高血圧は2倍

○冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞などの心臓病)は3倍、とくに習慣性の強いいびきが
ある場合の心筋梗塞発生頻度は4倍

○脳卒中は4倍

○交通事故は7倍

の頻度になると報告されています。がく〜(落胆した顔)

そしてその結末は
中等症・重症の睡眠時無呼吸症候群は重度に死亡率が大幅に上昇します。
厚生省研究班の調査では、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が20回以上おこる
場合の5年間の死亡率は16%と報告されています。8年で死亡率40%という報告もあります。
死因は脳梗塞、心筋梗塞など。睡眠中や朝方に死亡する例が多いとされています。

要するにこのままでは私は危ないことになる。

ということで治療に入ります。
CPAPという鼻から酸素を供給するマスクをつけて毎日寝ることと
要は減量です!!

来週、また一泊2日でCPAP装着のための検査入院してきます。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by こやまっち at 06:30| ニューヨーク ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

退院しましたが・・・

金曜日から一泊二日で検査入院してきました。
例の睡眠ポリグラフ検査です。
18時30分に受付けをして、料金先払い、24漱石もかかったふらふら
病室に案内された、病室(個室)というより、ビジネスホテルですね!
そして窓からは

大阪城が

・・・・・

・・・???


見えなかったぁもうやだ〜(悲しい顔)

残念!!

SANY0010.jpg

6部屋もあるのに私の部屋だけ見えなかったらしい。

20時までは自由時間なのでハニーと食事へ!
OMMビルの地下街のちょっとお洒落な居酒屋でビールも少し飲んだ。
これが後に苦しむはめになる。

ハニーと別れ20時に病室?へ帰り、20時30分から装置を取り付ける。
胸、足、手、頭、顔とすべてにセンサーが取り付けられる。
顔がもぞもぞして、眠れる自信がなくなってきた。

kao.jpg

そして21に消灯、ビールの酔いが残ってるうちに寝てしまおうと思ったが
叶わなかった(笑)

やっぱし・・・・

これって・・・・

あかんでぇ・・・


そうこうしている内にトイレに行きたくなってきた。
ビールの利尿作用である。
やむ得ず、1回目の!?ナースコール。。
体のセンサーは外せないので、機械側を外してかばんに入れて
トイレに行く、左指先にはセンサーが巻いてあるので
片手で用を足す(笑)

それからも眠れなかった、違和感が強すぎる、おまけに暑くなってきて
汗をかく、もう気分は最悪。。
看護婦が氷枕を持ってきてくれた。
私の様子はすべて、モニターで監視されている。
気持ちはよかったが、冷たさで今度は酔いがさめてしまった。
結局、また24時にもトイレに行き、寝たのは25時ぐらいか?
夜中も何度も目が覚めたが、5時にはすっかり目が覚めた。
トイレにも行きたい・・・

と同時に看護婦が「こやまっちさん、もう起きられたなら
センサーをはずしましょうか?」
「あ、お願いします、でも私検査結果が出るように寝てましたか?」
「25時からは数時間眠られてましたよ」

センサーを外して、体や頭皮にべとべとしたクリームが付いているので
シャワーを浴びた。
そして、朝の6時過ぎに無事退院しました、ハゥ。。
検査結果は来週です。。
治療にはまた一泊二日の入院があるらしいがく〜(落胆した顔)

posted by こやまっち at 20:31| ニューヨーク ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

明日は・・・

明日は夕方から一泊二日の検査入院してきます。
睡眠ポリグラフ検査といういろんな装置をつけて寝ることになります。
こんな感じらしいが↓

room1.jpg

こんなんつけて眠れるのかなぁ?

それに・・・・

就寝時間が・・・・

・・・・・・

えっ・・・・・・

うそやろ!?

20時!!!がく〜(落胆した顔)

そんなん寝れるわけがないよなぁ!?

誰か・・・・

添い寝・・・

してください(笑)

検査室からは大阪城はよく見えるらしい!?
しばし、太閤秀吉に夢をはせて寝るしかないなぁ。

room.jpg
posted by こやまっち at 20:56| ニューヨーク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

睡眠時無呼吸症候群〜専門外来初診〜

今日は有給休暇をとって、大阪天満橋の「ますたに呼吸器クリニック」へ
行ってきました。
大阪城北詰、ビルの4Fにありました。
睡眠時無呼吸症候群を専門とするクリニックです。
総合病院のような、ざゎざゎ(カイジかいっ)とした雰囲気はなく
歯科に来た感じである。
完全予約制なので待たされることはない。
問診表を書いて、院長の診察、パソコンを見ながら詳しく説明してくれる。
まずは、やはりもう一度詳しい検査をして、治療方針を決めることになりました。
一泊2日の入院で来週末に睡眠ポリグラフ検査をすることになりました。
今日は呼び検査として、血圧、心電図、肺活量検査、レントゲン。
技師は皆きれいな女性だったので血圧は上がったかも(笑)

その後、三男の入院している病院へ行きました。
思ったより元気な顔をしていたのでちょっと安心しました。
でも、まだ39度の熱があり、しんどそう。
手術にならなければ、あと3日ほど入院です。
妻と食事をして、夕方、湖畔へ帰ってきました。
posted by こやまっち at 22:47| ニューヨーク 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

睡眠時無呼吸症候群検査

ここのところ、午後から猛烈に眠くなる時間帯がある。
運転中、会議、人と会話していても?睡魔が襲う。。
運転もひやひやでカーブではっとする場面もある。
どうも、眠れてないような?
私は超肥満体なのでのどや扁桃腺周りの肉付きがよすぎる(汗)
要するに狭いのである、だからすごい鼾をかくようです。
一時ダイエットに成功した時は鼾もなくなってたようですが
単身赴任の不摂生でまた復活。。

ということで、今日は睡眠時無呼吸症候群の検査を日帰りで
受けてきました。
通常は一泊2日の入院で実施するところが多いのですが
マイ病院は日帰りです。
午後2時に耳鼻科へ行き、まずは点滴を受ける。
点滴をぶら下げて、検査室へ案内されました。
「こやまっちさん、どうぞー」
検査技師は男だろうと思ってたら、女性検査技師でした☆
しかも、き、きれい♪
あー、どうにでもしてーって感じでした(笑)
検査前に頭、顔、胸等にセンサーをつけまくります。
こんな感じです↓どうみても人間時限爆弾です(笑)

muko.jpg

そして、眠るのですが、こんなにコードをいっぱいつけて
寝れるわけがありません。
医師が来て薬剤を点滴から投与します、いわゆる睡眠薬。
「はい、こやまっちさん、入れますよー、気分はどうですか?」
「大丈夫です」と言ったのは覚えてるが、そこからもう意識は
なかった、眠ってしまった。恐るべし睡眠薬!!
全身麻酔は経験ないけど、こんな感じなんだろうね。
目が覚めるとまだ計測は続いているようだった。
結局、1時間20分寝て終了。
睡眠薬の影響か頭がぼーっとしている。
とても仕事には戻れない。
結果は後日ということになった。
結果が確定すると治療だなぁ・・・
手術も選択肢らしい(汗)
やだよーーーー。。

家に帰ってから、久々にずきんと胸痛(心臓発作)がきました。
5分程で収まりましたが、今夜はちょっと怖いかも・・・





posted by こやまっち at 21:48| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠時無呼吸症候群(SAS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。