2010年03月07日

有馬温泉日帰り 〜かんぽの宿有馬〜

インフルエンザにかかって以来どうも体調が悪いです。
花粉症の影響か頭が重くてすっきりしない。ふらふら
たしか去年もこんな展開で腰痛になったんだっけ。

気分転換に温泉でもと思い有馬まで足を伸ばしました。
ただ有馬で温泉利用のみできる施設は少ないんです。
有馬温泉は関西でも敷居が高く、泊まりだとそれこそ3〜5万は
かかります。
なので関西人は金持ちでもない限りは会社の慰安旅行で利用する
ことがほとんどだと思います。
家族で泊まるには爺婆等のスポンサーがいります(笑)
日帰り温泉利用はたいがいランチセットで最低でも5000円以上です。
温泉のみの利用は老舗旅館は受け付けません。

公共の温泉で金泉、銀泉がありますが、人が多くて湯が汚れているし
芋の子を洗う状態でいわゆる温泉の醍醐味であるのんびり、ゆったりとはいかないのである。

そこで唯一温泉利用でき、施設もしっかりしている

「かんぽの宿 有馬」へ行ってきました。
http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/arima/
去年、日本郵政で問題になった施設です。

公共施設に準じるので価格もリーズナブルです。

温泉利用 平日 700円 休日 1,000円

広い駐車場を完備しているのも◎です。
有馬は路が狭くて旅館、ホテルの駐車場もキャパがなく
駐車場に苦労するからです。

IMG_0629.jpg

IMG_0631.jpg

家からは車で40分ぐらいです。
ハニーを仕事場までアッシー君してから向かいました。
芦有道路が便利なんですが有料で高いので、西宮北道路から迂回しました。

ここは有馬の温泉街からは少し離れています。
きれいな施設です、でもやはり人が多い。
ここは泊まりでも安いのです。
温泉は時間帯によっては混むと聞いていましたが昼前だったので
空いていました。決定

浴室は10人ほ入れる金泉と小さなジャグジー風の銀泉があります。
露天がないのが残念です。

温泉は有馬特有の赤褐色の湯、いわゆる金泉ですいい気分(温泉)
無色透明な湯は銀泉です。
源泉名を「愛宕山泉」と言い、泉質は「含鉄ーナトリウムー塩化物強塩(高温)泉」。
口に含むと非常に強い塩味がする。
96℃と非常に熱い高温泉のため、加水して掛け流しにしている。
なかなか温まる湯です。

1399_s2_1.jpg

シャンプー、ボディーソープ類は数多く揃えてあります。
かなり高価な炭系や馬油のものを使っており満足できます。
風呂上りの化粧水、乳液もいいものを惜しみなく使っています。
関西では充実度ナンバーワンでしょうね。
さすがは有馬、いや日本郵政!?というところか。

ポカポカになったところで帰途へ、復路は有馬街道を宝塚へ
抜けて帰りました。ぴかぴか(新しい)

気分転換できたし、明日からがんばろうと思うグッド(上向き矢印)




posted by こやまっち at 17:42| ニューヨーク ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

天然温泉 ゆの里(和歌山県橋本市)

ハニーと休暇が久々に合ったのでドライヴデートへ!

相方は手指や首筋にひどい湿疹があって薬でもなかなか治らないため

知人からよく効く温泉があるというので出かけました。

天然温泉 ゆの里(和歌山県橋本市)いい気分(温泉)

IMG_0145.jpg

家からは阪神高速湾岸線を大浜で降りて、あとは橋本まで

通称高野街道を一本道であるが市街地で一車線ということもあって

渋滞がひどいのです。

家からは60キロぐらいなんですが2時間かかります。

入場料は1,800円とこんな田舎では破格のプライスふらふら

ちょっと高すぎるでぇーパンチ

まぁ、私は払わないから今回は許しといたる猫

あと彼女のお目当ては皮膚病に効くというここの温泉で

汲み出される銀の水という深層水です。

神秘の水としてかなり高価ですがよく売れているようです。

35億年前の原始海水とか???

ほんまかいなexclamation&question

http://ima-coco.jp/proactive/7.1/SGS1/?gclid=CP7J8Lvz3psCFQEupAodxyNCAg

一本2,100円もするんですが、彼女はなんとせっかっく来たからと

5本お買い上げーがく〜(落胆した顔)

肌もツルツルになったとかでご満足の様子でしたぴかぴか(新しい)

posted by こやまっち at 18:12| ニューヨーク 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

天然温泉 築地 戎湯 (尼崎市)

もう3月ですね、早いなぁ・・・
今日は地元の温泉に行ってきました。
尼崎浜〜西宮浜は温泉天国なんです。
有馬温泉は敷居が高いけど、この辺なら気軽に寄れます。

天然温泉 築地 戎湯 (尼崎市)

http://onsen.nifty.com/cs/kuchikomi/onsen_255/list/aid_onsen003331/1.htm

家から車だと20分ぐらいです。
R43を大阪方面へ庄下川を越えて東本町の交差点を右折して南下
川を越えたところを川沿いに右折、Y字路を右へ走りすぐです。
駐車場も3箇所あります。

このあたりは阪神大震災の液状化でぐちゃぐちゃになり再開発されたところです。

DVC00371.jpg

ここはいわゆる銭湯なのでシャンプー類は一切置いていないので
注意です。
手ぶらセットもあってタオル等280円で貸してもらえます。
料金は380円!!

DVC00372.jpg

内湯と露天に源泉掛け流しの湯があります。
湯は淡黄色でなかなかの泉質でした。
柔らかい感じですね。
羽曳野の「華の湯」と同じような泉質です。

ポッカポッカになっていい気持ち♪

あとは春が待ち遠しいなぁ。。
posted by こやまっち at 18:31| ニューヨーク ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

武庫川温泉 クア武庫川

風邪の症状がよくならず、睡眠不足が続いています。

昨夜はとうとう鼻が完詰まり状態で、味覚がわからなくなりました。

朝からお気に入りの音楽をかけて静養していました。

午後から味覚も断片的に戻って、快方に向かってきたので

風呂に入りたい気分に・・・

風邪で二日間入っていないし・・・

地元の天然温泉熊野の郷に行こうと車を転がしました。

しかし・・・・

いつもは空いているホームの温泉が駐車場待ちで10台以上

並んでいる。

こりゃあかんわとUターン、たしかこの近くに人気の銭湯があったはず

武庫川女子大の近くということはわかっていたので、ローソンに

車を止めて、レジのおねえちゃんに

「このあたりに・・ええ温泉あったよなぁ?」

「武庫川温泉のことですね、信号を左へ橋を渡って川沿いに南へ右手にありますよ」

「おおきに!!」

ありました、ありました!!

武庫川温泉 クア武庫川

kua mukogawa.jpg

料金は380円!!

たしかにこれは町の銭湯で地元色が強い、地元の常連さんが多い。

ここは有馬に似た赤い湯の源泉かけ流しがあること。

そう広くはない露天にありました、強塩泉で独特の金属匂もします。

ゴボゴボと音を立てて湯船に流れています。

この値段でこの泉質はすばらしいです。

しかし・・・・

シャンプー類が一切置いていませんでした。

周りを見渡せばみなさんマイ籠にマイシャンプー、ボディソープを
持ってはります。

しょうがないので一度脱衣所へ戻り、体を拭いて、軽く着替えて

受付、番台?で薄い石鹸(ホテルに置いてるやつ)とシャンプー(超ミニミニサイズ)を買う。

60円だった。。

いい湯でした、また来てみたいと思う。

帰りにローソンへ寄って、道を教えてくれたおねえちゃんに御礼。

ダースを買いましたが・・・

逆さまやんけ?

IMG_0034.jpg

逆チョコって!?

Vデイに男が渡すんかい!?

しかし、ダースだけではちょっと安すぎないかい?

本命には渡せないよなぁ?失恋

そのうち義理逆チョコなる風習ができるんだろうか???



※腕時計を買いました。

というより先週温泉に行って脱衣場のロッカーで紛失したんです。

私の不注意だったんだけど、結局戻ってこなかった・・・


Gショックを失ってこれがほんとのGショック by G王子


ネット代引きで購入、痛い出費です。

電波時計を経験するともう戻れないのでGショックにしました。

IMG_0029.jpg
Powershot G10マクロにて撮影

シンプルですが反転液晶、ブラック基調でなかなか渋いです。


posted by こやまっち at 18:07| ニューヨーク ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

鳴尾浜温泉 熊野の郷

出張の疲れがとれずに、週末はのんびりとしていました。
長時間の列車移動からか肩から腰にかけて張っています。

DVC00254.jpg   DVC00257.jpg    

ということで・・・

温泉しかないいい気分(温泉)

でも、ガソリン代の高騰で長い距離は走りたくない。

ということで・・・

近場の温泉!!

鳴尾浜温泉 熊野の郷(兵庫県西宮市)へ!!
http://www.kumano-no-sato.com/index2.html

kumano.jpg

甲子園球場から南東へ約3キロ、もう鳴尾浜である。
近くには阪神タイガースの鳴尾浜球場兼練習場がある。
タイガースの選手の目撃情報も多い。

家からは車で10分という距離。
これならガソリン、高速代を使わずに済む。

午前中ということもあり、空いていた。
ロッカーキーで館内の支払いができる後払式だ。
入浴料は1,025円と少し高めである。

浴場は落ち着いた雰囲気で、内湯が二つ(一つが源泉)
ジャグジー、電気風呂、水風呂。。
露天は和風露天と釜風の一人用が3つある。

弱アルカリ性の単純泉ということですが、泉質は特に秀出ているとは思わなかった。
先週行った山乃湯が良すぎた。

住宅地、工業地の中にあるので露天の雰囲気はでない。
温泉の上階がテニスコートというのもなんだかなぁ!?
車の走る音も聞こえる。。
ロマンチストの私には許せないところもあるのだが・・・
まあ、しょうがないかぁ。

岩盤浴、食事処、ボディケア等施設は充実しているので
のんびりするにはいいところだ。

全身30分足裏20分というボディケアマッサージを受けたグッド(上向き矢印)
かなりツボを刺激してもらったので痛かったけどほぐれたかなぴかぴか(新しい)

さて、明日からまたがんばろう手(グー)


今日のラッキー&アンラッキー

父の日でメロン、花、デコケーキを持って子供と実家へ行ってきた。
父は嬉しそうだったるんるん

久々にガリガリ君を食べたらハズレだった(笑)
私も父のはずだが子供からは何もなかった!?

でも三男が足をマッサージしてくれた。。

posted by こやまっち at 22:59| ニューヨーク ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

犬鳴山温泉 山乃湯(大阪府)

愛車の慣らし運転を兼ねて、泉南の奥座敷、秘湯犬鳴山温泉へ行ってまいりました。

阪神高速泉佐野北ICで降りて、熊取方面へ、熊取の交差点を右折し
土丸の交差点を左折すればあとは一本道です。
車道は次第に細くなり山へ向かっていることがわかります。
ほどなく左手に犬鳴山温泉が見えてくる。
泉佐野北ICからだと20分ぐらいか。
家から1時間でした。

まずは旅館不動口館の駐車場に車を停めて、不動口館の日帰り温泉利用をした。

DVC00242.jpg

旅館だけあってすごくきれいです。
温泉利用のみでフロントで800円を支払う。

昼前という時間もあって宿泊客の利用もなく、貸しきり状態でした。
写真も取れたしね↓
きれいでしょう?

DVC00243.jpg

ここの湯は純重曹泉でいわゆるヌルヌル系です。
旅館の温泉だけあって脱衣所から内湯、露天まできれいです。
露天は階段を下った所にあります。
眼下には犬鳴川、そして新緑が眩しい。
夜にはこの季節蛍が舞うそうです。

泉質はちょっと薄い感じ、湯がきれいすぎるし、塩素臭がする。
これはこれでいい湯だと思っていた。
山乃湯に浸かるまでは・・・

inunaki.jpg

のんびり浸かったあ後は周辺を散策しながら、今日の目的である
犬鳴山の秘湯中の秘湯、山乃湯へ向かう!!
はじめから山乃湯へ行けばいいじゃないかということですが
泉質を比べてみたかったのです。

山の湯はこの辺りの温泉の元湯なんです。

ただ、場所がわかりにくい、駐車場のおじさんに聞いて
やっとわかった。

車が入るには厳しい立地なんで不動口館に置いたままで
歩いて向かうことに。

わかりにくい入り口を下り、ようやく見えてきました建物らしき・・・

DVC00251.jpg

これかなぁ?

近づくと・・・・

DVC00250.jpg

これやぁ!!

入り口を開けるが人の気配がない(笑)

すぐに風呂の入り口はあるけど・・・

DVC00247.jpg

誰もおらん!?

左手に階段があって登ると、食堂になっていて愛想の良いオバチャンがいた。

「あのぅ、風呂入りたいんですけど」

「兄ちゃん700円や」

唯一のメニューの釜飯を同時に頼んでおく。

「兄ちゃんできるまで30分やから、そのぐらいで上がっといでな」

「はいよー」

風呂は誰もいない、また貸切だ。
風呂はシンプル、2×4メートルの小さな湯船のみ。
ボディソープがひとつ転がっている、シャンプーはない。
壁はひび割れており、お世辞にもきれいとは言えない。
また、写真撮れました↓

DVC00245.jpg

DVC00244.jpg   DVC00246.jpg

ただ、湯に浸かってびっくり!!
先ほどの不動口館の湯とは比べものにならない。
ヌルヌル感がまるで違う、匂いも塩素臭は一切なく濁っている。
硫黄臭がしっかりしており、温泉って感じだ。
しかも掛け流しだ♪
こ、これはまさしく大阪ナンバーワンの秘湯と言っていいでしょう☆
泉質でこれの右にでるものはないですね。

リウマチ、皮膚病に効くらしい。
ローションの湯と有名らしい。
http://onsen.nifty.com/cs/255/dtl/onsen003189/1.jsp

天然温泉に慣れた人は不動口館をおすすめします。
シャンプー、ドライヤーすべて揃っています。

温泉通は山の湯ですね!!

のんびり浸かった後は食堂で名物!?釜飯をいただいた。
シンプルだけど美味しかった☆


今日のラッキー

タイガース今日も勝ちましたぁ☆

愛車のエンジンの回転数を3000〜4000rpmまで回してみた。
レガシイだとこの回転数はここでは表示できないスピードになりますあせあせ(飛び散る汗)
もぷ少しで慣らしは終了です。
posted by こやまっち at 17:26| ニューヨーク ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

たんとうチューリップまつり

たんとうチューリップまつり(兵庫県豊岡市但東町)へ行ってきました。

http://www.tantosilk.gr.jp/

こんなとこにあるんです↓ けっこう遠いですあせあせ(飛び散る汗)

私の家は一番右下ですぅ。。

tanto map.gif

チューリップが満開とのことで、かなりの人出が予想されるため
私の旅の鉄則、早出早帰りで行くことに。。

朝、6時30分に自宅を出て中国自動車道宝塚ICから舞鶴若狭自動車道→福知山IC→国道9号線→ 国道426号線で9時前に到着。
福知山ICからは1時間弱です。

朝一番なので空いていました!

tn2.jpg

ここのチューリップの目玉はフラワーアートですぴかぴか(新しい)

毎年約10万本のチューリップを使って、畑一面にその年のアートを描きます。
 これまでに描かれてきたのは、「日本列島」「オランダ風車」「こうのとり」「明石海峡大橋」
「チューリップ」「ドラえもん」「ユメハッチ」「宇宙戦艦ヤマト」「鉄腕アトム」「アンパンマン」
「ハローキティ」「はばタン」「コウノトリ」などなど。
毎年趣向を凝らしたデザインとテーマがみる人に感動を与えているとのこと。(但東シルクロード観光協会HPより文章、画像一部引用)

 2008年のデザインは北京オリンピックにちなみ、子供達に人気のある「パンダ」です!!

tn3.jpg

すごいですね!!イベント

園内(畑です)は数多くのチューリップが満開でした右斜め上

それではいろんなチューリップをお楽しみくださいグッド(上向き矢印)

画像はクリックすると大きくなります。

t03.jpg   t05.jpg 


t06.jpg   t07.jpg
  

t09.jpg   t10.jpg


t11.jpg   t13.jpg


t14.jpg   t15.jpg


t16.jpg   t17.jpg

tn1.jpg

Nikon D70 Nikkor50oF1.4D TAMRON AF17-50oF2.8


二時間遊んで帰る11時ごろにはすごい人でした。
パンダの見える展望台は入場制限が・・・


帰り道にシルク温泉やまびこへ寄って帰りました。

入浴料はなんと500円です。

http://www.silk-yamabiko.co.jp/03silk/index.html

なかなかの秘湯で温泉に浸かるなり、肌がスベスベ、ニュルニュルに!!
シルクのネーミングがわかりました。
関西でもこれだけスベスベな温泉は数少ないです。

昼食は地元そば粉100%の打ちたての「赤花そば」。

この蕎麦は絶品です☆

DVC00199.jpg



posted by こやまっち at 17:27| ニューヨーク ☁| Comment(23) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

天然温泉 華の湯(羽曳野市)

三連休もあっという間の最終日。。
昨日はハイキング疲れで家で昭和枯れすすき状態でした。
今日は疲れた体をリフレッシュしようと温泉へいい気分(温泉)

大阪府羽曳野市にこの春オープンしたばかりの天然温泉
「華の湯」へ行ってきました。
http://www.onsen-hananoyu.jp/

阪神高速松原ジャンクションから阪和道、美原北ICで降ります。
降りてすぐの信号を左折し直進、一つ目の信号(左手にサンクス)を左折し
少し狭い道を直進し「野」交差点を右折すると左手に入り口があります。
私の家からは40分で到着です。

DVC00101m.jpg

新しい施設なので清潔感とともにきれいです。グッド(上向き矢印)
思ったよりもこじんまりとしています。

ハニーが温泉めぐり用にと温泉カゴ付のバッグを買ってくれました手(チョキ)
バッグの下にかごが入る区分があり、便利です。

DVC00103m.jpg

昼前ということもあり、かなり空いております☆
ここの魅力は街中にありながら、掛け流し温泉であるということ。るんるん

hananoyuroten.jpg  hananoyu.jpg

露天は小さめで、中とつながってるといった感じでしょうか?
さて、お湯はというと?
色は微黄色、薄緑といった感じ。
匂いはそんなにきつくないですが温泉の香りがしますいい気分(温泉) 

例によって一時間ほどのんびりと入りました。
手のしわが千本になったところで、上がりました。

街中というロケーションなので温泉のムード、秘湯のイメージは
ないですが、湯はとてもいいと思いますぴかぴか(新しい)

9時間経った今でも肌がツルツルしています。
ちなみに@nifty温泉のクチコミランキングでは堂々の1位です!
http://onsen.nifty.com/cs/ninkiranking/rank/1.jsp 

帰りにマクドに寄ってランチしました。
グラコロが食べたかったのですよファーストフード

gurakoro.jpg

え、セットにしては一品多いんじゃないかって?
あー、突っ込まない、突っ込まないわーい(嬉しい顔)

今日の目的はグラコロだったかもしれません(笑)



posted by こやまっち at 21:15| ニューヨーク ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

堺浜楽天温泉 祥福

リラクゼーションな一日をまったりと過ごしました。
朝起きて温泉にでも行きたいなぁ、でも遠出は嫌だなぁ。
と、ネット検索で堺浜シーザイドステージを発見。
今年4月にオープンした天然温泉があるやん!!

堺浜楽天温泉 祥福

決めたぁ

決めたらすぐに行動に移すのが私のいいとこでもあり、悪いとこでもある。

自宅を11時30分に出発!
阪神高速湾岸線三宝出口を降りればすぐである。
12時前には到着☆

DSC_000111.jpg

駐車場は広大で無料、敷地内にはボウリング場、ゲームセンター
飲食街、映画館、パチンコ店が並んでいる。
隣は巨大ホームセンター、そしてケーズデンキ。

温泉は空いていました、入浴料は後払いですが700円です。
館内の飲食や買い物はすべてバーコード処理なんで
キャッシュレスですが、後払いです(笑)

まだできて間もないため施設はとてもきれいです。
あちこちに休憩スペースもあって、寝っころがれます。

DVC00103.jpg

湯船はけっこう広くて清潔感があって◎です。
露天風呂は源泉掛け流しがメインで五右衛門風呂、
寝転がり湯(これがなかなかよろしい)
屋外にもサウナスペースがあります。
海も見えますが、堺工業地帯の海なんで・・・・

湯はアルカリ性単純温泉で刺激が少なく、ちょっと黄色っぽい
感じでまずは合格点です。

1時間ほど浸かって、手のしわが1000本になった!?ところで
湯から上がりました。

マッサージスペースも充実しており、ボディケア、タイ古式セラピー
中国式足裏マッサージ、韓国式アカスリ、エステティックサロンと
充実です。

散髪屋も湯!?です(笑)

DVC00104.jpg

奮発して60分の全身マッサージをしてもらいました。
痛いけど気持ちいい!?
あっという間の60分で体もほぐれました。

体が冷えたからもう一度温泉に入りなおしました。

食事処は二箇所あり、ボリューム、味、価格とも◎でした。


+800円支払えば、ここは岩盤浴がフリータイムで利用できます。
関西最大級のスペースで8種類の岩盤温熱が楽しめるらしい。

いまいち岩盤浴の知識がない私ですが、次回はナオさんに
レクチャーいただき挑戦してみようと思う☆


posted by こやまっち at 18:30| ニューヨーク ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

神戸縦走!

三連休も今日で終わり、どこも行かなかったし、どっか温泉にでもと
出かけることにした。

丹生山田の里温泉 ”銀河の湯”いい気分(温泉)(神戸市北区山田町原野)
新神戸トンネルを箕谷まで、そこから10分ぐらい
みのたにグリーンスポーツホテルの敷地にあります。
家からは1時間弱で12時すぎに到着。

今日は敬老の日とあって入湯料が半額で400円だった右斜め上
この周辺は有馬、大沢、宝塚温泉とけっこう名湯で混みあっているのですが
裏六甲の奥座敷とあって空いてました。
穴場かもしれません。

内湯は循環だが、露天風呂は掛け流しで開放的です。
でも今日は真夏並みに暑く、露天はちょっときつかった。
露天は湯がちょっと汚れていましたね。
内湯に源泉の湯があって、低温でのんびり浸かれます。
銀河の湯というネーミングはおそらく夜空がきれいのだと
思います。
宿泊施設もありますがリゾート感覚はなくちょっと古いなと
いう感じでした。

DVC00082.jpg  DVC00083.jpg  DVC00084.jpg

ginnga1.jpg  ginnga2.jpg

まっすぐ帰るつもりだったけど、久しぶりに六甲山へドライブを
決めた!! 
昼食は有馬街道沿いに來來亭を見つけた!
滋賀にいるときによく食べたんです。
最近はあちこちに進出しているようです。

DVC00085.jpg

六甲山は裏六甲ドライブウェイから登ります。
かつては暴走族が危険走行を繰り返したため、閉鎖されたことも
ありました。
ヘアピンカーブが少なくて適度なスポーツ走行が楽しめます。
昨日不慮の事故で亡くなったWRCドライバーC・マクレーなら
豪快なドリフトを決めて走るんだろうなと思いをはせていました。


六甲ガーデンテラスで展望を楽しみます。
雲がかかっていたけポートピアランド、六甲アイランド
大阪湾から大阪方面が一望できます。
なんと言っても標高が900メートルあるから涼しいです。
23度でしたね☆

DVC00090.jpg

DVC00088.jpg

ようこさんのメロンシャーベットに負けじと六甲牧場ソフトを
GET!!(笑)

DVC00087.jpg

帰りは表六甲ドライブウェイを一気に下って神戸市街へ!
表六甲ドライブウェイはヘアピンカーブが多くギアをセカンド
固定でエンジンブレーキを効かせれば楽に降りられます。

一気に海まで愛車を走らせてみました。
サンシャインワーフ神戸に到着!
ここはかつて淡路島行きのフェリー乗り場(青木港)でした。

神戸を北から六甲越えで神戸の港までの縦走☆
近場ですがなかなかいいルートだったと思いますグッド(上向き矢印)
次回はどなたか助手席に乗ってくれるかな!?

DVC00092.jpg

愛車も6万キロを突破しましたがまだまだ絶好調です☆

reda.jpg


 


posted by こやまっち at 19:11| ニューヨーク ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷

久々に温泉に行ってきましたいい気分(温泉)
猛暑でバテ気味の体と心身のリフレッシュです。

思いついたのは朝起きてから(笑)
最近は尼崎市内や近郊にも露天温泉、スーパー銭湯が乱立して
人気もあるのですが、どうも市内はね!?

やはり温泉は非日常を自然豊かな環境の中で味わうものだと
思うんですよね。
やはり山の中、川の側に限ります。

車の走る音や上空を飛行機が飛んでたりするのは如何なものかと?
とんぼや蝉の鳴き声、コオロギの声、湯船に虫がいたっていいと思うんです。

そんなわけで家から車で1時間かかりましたが、
兵庫県篠山市「こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷」へ行って来ました。 
入浴料 600円

舞鶴自動車道三田西ICから車で20分です。

夏休み最後の日曜ということもあってそんなに混んでませんでした。
ほんと山に囲まれたところにあります。

konda.jpg

konda1.jpg

日本六古窯のひとつ、丹波焼を湯船と床に使用した丹波焼陶板風呂、丹波特産の丹波石をぜいたくに使った丹波石岩風呂が絶品。

konda2.jpg

露天風呂がとにかく大きいです。
41度と38度に分けられているから好みで入れます。
源泉掛け流しってのもいいですね。

のんびりと休憩もしながら90分温泉を楽しみました。

秋の紅葉、冬の雪見と季節を変えて行ってみたいです。

posted by こやまっち at 16:26| ニューヨーク 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

有馬温泉日帰り

義父さんが同居して一ヶ月が経ち、体調も落ちつかれた様子なので
温泉にでもと思い、神戸の奥座敷有馬温泉に日帰りで行ってきました。
泊りでは高いしとてもできないので、温泉+昼食セットプランにしました。

「中の坊 瑞苑」
有馬では5本の指に入る名旅館です。
まずは部屋で松花堂弁当をいただいて、温泉へ!!いい気分(温泉)
平日の昼間ということもあって風呂はほとんど貸切状態。
のんびり金泉につかることができました。右斜め上
名旅館だけあって、接客態度、いわゆる”おもてなし”は抜群ですねグッド(上向き矢印)
義父さんはちょっとお疲れの様子でしたが喜んでいただけたかな?
次は泊まりで行きたいですね!

arima zuien.jpg
posted by こやまっち at 22:05| ニューヨーク 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。