2014年02月15日

山田和樹&金子三勇士&大阪フィル〜ベートーヴェン〜

久々にベートーベンを満喫してきました。
年末の第九以来のマーサーさんとご一緒でした!!
34歳の若き実力指揮者と24歳新鋭ピアニストの競演でした♪
ちょっとピアノに迫力には欠けたけど、軽快な皇帝でした。
三勇士君にはおばさまから「可愛い♪」と黄色い声援も(^^)
後半のエロイカは圧巻でした、拍手なりやまず!!
アンコールは、ベートーヴェンの交響曲第8番の2楽章。
私は耳が遠いため聞き取れなかったけれど。マエストロは「ベートーヴェンがメトロノームを見て嬉しくて!」と紹介されました。なるほどメトロノームの意味がわかりました(^^)
指 揮: 山田和樹
ピアノ : 金子三勇士(ピアノ)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
<曲目>
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
ベートーヴェン/交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」
〜アンコール〜
ベートーヴェン/交響曲第8番より第二楽章

IMG_20140215_170812(2).jpg

yamadakaneko(1)(1).jpg
posted by こやまっち at 22:14| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

淡路島早春紀行

水仙の香りに誘われて淡路島へ!!
一度行ってみたかった黒岩水仙郷、海に向かって断崖絶壁の斜面に
満開に咲き誇り、春を感じてきました♪
神戸淡路鳴門道西淡三原ICから20キロ(約40分)P無料 入園料500円
シーズン中は開園9時までに行かないと駐車場渋滞します。
※OM-D E-M1 M.Zuiko12-40oF2.8PRO M.Zuiko 45oF1.8

posted by こやまっち at 23:57| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

中村紘子ピアノ・リサイタル@ザ・シンフォニーホール

中村紘子ピアノ・リサイタルすばらしい演奏でした♪
さすがは日本の第一人者、繊細さ、重厚さ織り交ぜた名演でした(^^)
特にシャコンヌは迫力満点でした!!
シンフォニーホールにグッズ売り場が新設されてペンケースをGETしました♪

nakamura(1).jpg

IMG_20140118_143946(1).jpg

プログラム
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番「月光」
メンデルスゾーン:序奏とロンド・カプリチョーソ
J.S.バッハ(ブゾーニ編曲):シャコンヌ ニ短調
〜休憩〜
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
ショパン:12の練習曲 op.10 より 第3番「別れの曲」 第5番「黒鍵」 第12番「革命」
ショパン:幻想即興曲
ショパン: 第9番「別れ」ワルツ、 第6番「小犬」、ワルツ第7番
ショパン:ポロネーズ 第6番「英雄」
〜アンコール〜
シューベルト:即興曲90-3
シューベルト:即興曲90-2
posted by こやまっち at 23:22| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

ザ・ベンチャーズ ライヴ@ビルボードOSAKA

新年第一発目のライヴはザ・ベンチャーズ、年齢を感じさせないパワフルな演奏でした。
物心ついたころに家にあったのがベンチャーズのレコードでしたテケテケテケテケテケテケ♪

ventures(1).jpg

時を経てまさかライヴで聴けるとは・・・感慨深いです。
リーダーのドン・ウィルソンはなんと80歳である。
客席の平均年齢も65歳ぐらいでしたが、おっちゃん、おばちゃん、手拍子とともに
体がみんなリズムに合わせて左右に揺れておりました。

IMG_20140104_192312(2).jpg

IMG_20140104_192154(2).jpg

ビルボードは客席との距離が近く、いい雰囲気になります。
また大人の空間でもあります。終演後メンバーと握手してもらいました♪
でも一人でビルボードは開演までが間が持たなくて辛いです、入場してからフード&ドリンクの時間が1時間強ありるからね、普段飲まないアルコールをポテトをつまみに待ちました。
やはり二人で行かないとね(^^)

IMG_20140104_192202(1).jpg

ビルボード大阪 主な曲目
ウォークドントラン
二人の銀座
京都慕情
雨の御堂筋
朝日のあたる家
10番街の殺人
ダイヤモンドヘッド
パイプライン
キャラバン


posted by こやまっち at 11:13| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

新年おめでとうございます

2014年あけましておめでとうございます♪
最近、更新が滞っていました。
元旦は実家でおせちをいただいて、食っちゃ寝で・・・
今日は朝から両親と嫁と麻雀大会でした。
今年もよろしくお願いします(^^)

Collage(29)(1).jpg
posted by こやまっち at 00:28| ニューヨーク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

関大最終戦白星で飾る

関大最終戦、京都大に快勝!!
最後の最後でこれぞ関大アメフトらしさを満喫させていただきました。
オフェンスのホットラインが炸裂しました、DFも踏ん張った。
FINAL 関西大学カイザース 24 − 10 京都大学ギャングスターズ
今季3位が確定しシーズンを終えました。
4回生の試合後の涙を見て、またまた、涙腺の弱い私は貰い泣き・・・
今シーズンおつかれさまでした&ありがとう!!

2013_11_24_6170(1).JPG

2013_11_24_6212(1).JPG

2013_11_24_6248(1).JPG

2013_11_24_6276(1).JPG

2013_11_24_6308(1).JPG

2013_11_24_6329(1).JPG

2013_11_24_6335(1).JPG

最終順位
1位関学 2位 立命 3位関大 4位京大 5位龍大 6位近大 7位神大 8位大教大
関学は甲子園ボウル出場決定戦へ、神大と大教大は1部-2部入れ替え戦へ
12/1 関西学院大学−名城大学
12/8 神戸大学 − 大阪府立大学 、 大阪教育大学 − 同志社大学
会場は何れも王子スタジアム
posted by こやまっち at 22:01| ニューヨーク ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | アメフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

ベルリンフィルハーモニー西宮公演

ベルリンフィル西宮公演行ってきましたぁ♪
ここ数日体調が優れず心配だったけど、大丈夫でした。
ノタシオンもすごかったけど、ブルックナー交響曲第7番は圧巻、感動!!
2時間の間、異次元のサウンドを満喫できました、金管が凄いですが、伝統の重厚で繊細な弦楽器の響きにも酔いしれる。
ホルンの名手・ドール、フルートの貴公子パユ様の音色もしっかり聞けたし、フォルテッシモの時はそれこそこの名手たちが全力で奏でるのでもう鳥肌状態♪
ラストはなぜか涙で溢れてしまいました。
今日の観客はさすがにクラシック通で終演時、指揮者のラトル氏が指揮棒を下に収めるまで5秒はありましたがフライングのブラボー、拍手はなし。
その後私が今まで聞いたことのない大歓声、拍手に包まれました。
団員が全員退場しても拍手は鳴り止まず、ラトル氏がひとりで出てこられて観客は総立ち、ブラボーの嵐になりました。
最後はご愛嬌たっぷりにお辞儀されました。

兵庫県立芸術文化センター大ホール 14:00開演
指揮:サイモン・ラトル
コンサートマスター:ダニエル・シュトラバ
管弦楽:ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
(プログラム)
ブーレーズ:ノタシオン(TZ WVU)
〜休憩〜
ブルックナー交響曲第7番ホ長調(ハース版)


PB161568(1).JPG

PB161571(1).JPG

PB161573(1).JPG
posted by こやまっち at 20:39| ニューヨーク ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

関大カイザース終戦・・・

涙の長居、関大終戦・・・・・

FINAL 関西大学 15 − 35 関西学院大学

やはり学生王者は一枚も二枚も上だった、あらためて実力差を痛感させられた。
強靭なオフェンスラインに守られて関学QBの安定したショート、ミドルレンジのパス&ドロー。
関大はQBが安定せず、入れ替わり立ち代り、今季を象徴するようなオフェンス。
その度、プレーコールに戸惑っている選手が多かった、後半は意地を見せてチャンスもあったが、ここというときのファンブル、インターセプトが痛かった。
裏を返せば関学DFの組織力、スピード、タフネス、コースの読み、練習で培われたものだ。
長居は今年一番の大観衆だった!!昨夜の京都大のミラクルにもしやの期待が高かった。
おそらく、関学が立命を破ると思います、関大は京大の夢を打ち砕くべく立ち向かってほしい!!

2013_11_09_5661(1)(1).JPG

2013_11_09_5668(1)(1).JPG

2013_11_09_5684(1)(1).JPG

FINAL

大阪教育大 9 − 20 神戸大


こちらは善戦したが惜敗・・・・入替戦が確定してしまった。



次回今季最終戦

関西大学カイザース Vs 京都大学ギャングスターズ

11/24長居スタジアム 11:00 KICK OFF


Collage(25)(1)(1).jpg
posted by こやまっち at 23:06| ニューヨーク ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | アメフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

外山啓介ピアノ・リサイタル2013

イケメン新進ピアニスト外山啓介ピアノ・リサイタル2013を楽しんできました。
最近めきめきと力をつけてきた楽しみなピアニストです!

keisuke toyama.jpg

最近リリースされたCD「展覧会の絵」はレコード芸術特選盤にも選ばれました。
会場は半沢直樹超えの!?女子率80%でした。
前半はバッハ、シューマン、ラヴェル、美しい旋律と難曲の組み合わせ。
後半はオールショパン、3大ワルツと英雄ポロネーズ、そして大曲「葬送」
観客の大半が女性なのでブラボーがなかなかかからない、アンコールでバリトンのブラボーがかかりました(私です(;^_^A アセアセ・・・)
メリハリの効いた演奏の中にも情感がたっぷりで、アンコールの締めくくりに「展覧会の絵」をもってくるあたり自信とサービス精神も旺盛でした♪

PA051391(1).JPG

10/5 ザ・シンフォニーホール 14:00 開演
J.Sバッハ:シャコンヌ
シューマン:「献呈」
シューベルト:「アヴェ・マリア」
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:ラ・ヴァルス
〜休憩〜
ショパン:ワルツ第6番「小犬のワルツ」
     :ワルツ第7番
     :ワルツ第8番
ショパン:ポロネーズ第6番「英雄」
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番「葬送」
〜アンコール〜
ブラームス:間奏曲作品117-1
ムソルグスキー:「展覧会の絵」よりキエフの大門

posted by こやまっち at 23:22| ニューヨーク 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。